シェルターで暮らしている病気猫、高齢猫の最期を看取って下さるおうちを探しています。

シェルターでは、仔猫、成猫、病気猫、高齢猫が暮らしていますが、どの猫も等しく、里親様を探しています。
理由は、健康な猫ばかりではなく、病気猫も、高齢猫もシェルターで亡くなるのではなく、なるべくなら、僅かな間であったとしても一般のご家庭で過ごしてほしいからです。
とはいえ、なかなか、健康な成猫でも里親様は見つからない状況です。
それでも、私たちは諦めたくありません。
シェルターで保護されている猫たちは、捨てられて、あるいは野良猫として、行き場のない悲惨な境遇の中で生きてきました。
たとえ、ひと月の間でも、半年であったとしても、最期に一般のご家庭の中で、温かい愛情に包まれて亡くなることができれば、それまでの悲惨な猫の生涯も少しは報われるかなとも思っています。
どうか、里親様として、病気猫や高齢猫の最期を看取って下さるご家族様になって下さる方からのご連絡をお待ちしております。
最期ぐらいはイイ思いをさせてあげたいのです。

どうか、お願い致します。


※ただし、申し訳ございませんが、引取り後の治療方針・治療費につきましては、全て里親様に委任・ご負担をお願い致します。

inserted by FC2 system